>

間違った使い方を改善する

このコラムをシェアする

歯磨きを振り返ろう

歯磨き粉を歯ブラシに付けたら、歯全体によく塗り込んでください。
それから磨くことで、汚れを綺麗に落とせます。
全体に歯磨き粉が行き渡らないと、汚れを落とせません。
一部分に汚れが残って、そこにバイ菌が繁殖します。
虫歯や歯周病の原因になるので、焦って磨かないでください。

また、力強く磨いてはいけません。
余計な力を入れると、歯が傷ついてしまいます。
軽い力で擦るだけでも、汚れは落とせます。
強い力を入れて磨くと、歯ブラシにもダメージを与えます。
すると早く傷んで、交換しなければいけなくなるでしょう。
出費が増えるので、歯を磨く時は優しい力加減を心がけてください。
これまでの歯磨きを振り返り、間違っている部分があれば改善しましょう。

指を使ってなじませる

歯ブラシに歯磨き粉をなじませるために、指を使ってください。
指で歯磨き粉を歯ブラシの中に埋めるように、なじませるのがおすすめです。
それから歯を磨くことで、全体に歯磨き粉を行き渡らせることができます。
ただこの時は、指を綺麗に洗ってください。
指が汚いと、バイ菌が歯ブラシに移動します。

そしてバイ菌が付いている歯ブラシを咥えると、口内にバイ菌が移動するので病気の原因になります。
口内環境を綺麗にするために歯磨きを行っているのに、バイ菌が増えたら意味がありません。
汚れを落とすことは、病気の予防だけでなく口臭の予防にも効果的です。
自分の口臭を気にしている人も多いでしょうが、きちんと歯を磨いて清潔な環境にすると悩みを改善できます。