正しい歯磨き粉の使用方法を聞いてみた

歯磨き粉の使い方を知る

間違った使い方を改善する

一部分にだけ歯磨き粉が付着しても、綺麗に磨けません。 汚れを綺麗に落とすためには、歯全体に歯磨き粉を付けることを意識してください。 ですからいきなり磨くのではなく、まずは歯に歯磨き粉をなじませるように歯ブラシを動かしましょう。 それが、正しい方法です。

水を使わないで磨くこと

最初に歯ブラシを濡らして、それから歯磨き粉を付ける人が見られます。 しかしその方法は間違っているので、改善してください。 本来、水は必要ありません。 逆に水が歯磨き粉の働きを邪魔してしまう可能性があるので、歯ブラシが乾いている状態で歯磨き粉を使いましょう。

少しの量でも十分磨ける

少量の歯磨き粉でも、汚れを落とせるので適量を守ってください。 たくさん使うと、摩擦が生じて歯を傷つけます。 さらに、自分に合う歯磨き粉を選ぶことを心がけましょう。 製品を比較すると、それぞれ異なっている成分が含まれ、得られる効果も変わることがわかります。

歯全体に行き渡るように

歯磨き粉を、歯全体に塗るように磨いてください。
すると、全体の汚れを綺麗に落とすことができます。
歯磨き粉を歯ブラシに付けてそのまますぐ磨くと、歯磨き粉が一部分にだけ付いてしまいます。
口内全体に歯磨き粉が行き渡らないので、正しい方法ではありません。
また、歯磨き粉を歯ブラシになじませるのもおすすめです。
歯磨き粉を歯ブラシに付けたら、指でブラシの中に埋め込みましょう。

歯ブラシを濡らしてから、歯磨き粉を付ける人が多く見られます。
しかしその方法は間違っているので、乾いた歯ブラシに歯磨き粉を付けてください。
濡らした歯ブラシに歯磨き粉を付けると、泡立ちが良くなります。
すると磨いているつもりになってしまうので、歯磨きが疎かになると覚えておきましょう。
さらに歯磨き粉に含まれている成分が、泡と同時に流れることもあります。
このことから専門家からは、最初に歯ブラシを濡らさないようにした方が良いと言われています。

たくさん歯磨き粉を付ければ、それだけ歯が綺麗になると思う人がいるでしょう。
しかし付けすぎは、摩擦によって歯を傷つけるので逆効果になります。
歯磨き粉は1センチから2センチ程度で良いので、付けすぎないように毎回意識してください。
また歯磨き粉は、たくさんの商品が登場しています。
それぞれによって効果が異なるので、自分の希望に合う商品を選択してください。
どんな歯磨き粉が良いのか、よく考えてから買いに行きましょう。